スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

讃岐プレミアムでUDON

週末におうどんを作りました
使用した小麦粉は讃岐プレミアム!
IMG_5247.jpg

讃岐プレミアムとは?

■ 食感イメージ
かつてない“もちもち感”と適度な弾力のダイナミックな食感が秀逸
2008年度食品産業技術功労賞を受賞!
ハイブリッド小麦粉シリーズの最高峰!

絹のようななめらかさと輝くような光沢。
麺の周辺は「讃岐プレミアム」ならではの独特のもちもち感に富み、中心部は適度に強い弾力…というダイナミズムな食感。そして、うどんの風味。
“洗練”と共に、讃岐ならではの重厚な味わいをも感じさせる、さぬきうどんに仕上がります。
ハイブリッド小麦粉の特徴は、「異なる小麦品種の優れた特性を融合」することにあります。
たとえば、ASWとさぬきの夢2000。これらの小麦の、硬さも、粒の大きさも、質も異なる小麦原料を配合して一緒に挽くという製粉は前近代的な手法であり、常に小麦粉の品質が大きく変動する危険性をはらんでいます。
ハイブリッド小麦粉は、それぞれの小麦の優れた特性を最大限活かすよう別々に製粉します。
ちょっと難しい書き方になってしまいますが……目的とする色調や食感や風味になるように、小麦胚乳部分を細かく抽出し、配合を最終段階で行います。小麦の中心部だけを採るという単純な発想・製粉ではなく、「各小麦の特性の異種融合」によって、さらに優れた個性のあるさぬきうどん用小麦粉を生み出すというソフトウェア(小麦粉コンセプト、製粉技術、細かな制御システム)が、「ハイブリッド小麦粉」のポイントなのです。
当品をお使いになったお客様から、群を抜く麺のなめらかさ、独特の風味を評価して頂き、「加工澱粉が入っているのですか?」という質問をたまに頂きますが、いいえ!正真正銘の小麦粉100%。タピオカなどの澱粉入りのミックス粉では表現しきれない、小麦本来のたんぱく質とでんぷん質の相乗の素晴らしさ。そして風味。これこそが、「讃岐プレミアム」の真髄なのです。
さぬきうどんの本当の素晴らしさは、小麦と打ち手が一体化した“技”の真実を味わった時に湧き上がる感動にあるのです。

ということらしいですw
足踏みの段階で思った事がいくつか
まず柔らかいです。踏んだ瞬間今までの小麦粉と明らかに違くふにゃっとした感じ
最初水の分量間違えたか!?と思いましたが踏んでいくにつれ硬くなったので一安心
あと小麦粉の匂いが結構強烈
部屋中に匂いが漂います。
この匂い
苦手な人は結構きついかも・・・
IMG_5160.jpg
出来上がり3kg近く
3.5mm切刃が壊れてしまったので泣く泣く6mmでカット
ちゃんと整備しなかったせいで小麦粉が詰まってしまったみたいです・・・
さすがにこの量になるとなかなか大変ですね
まずはざるうどんで
IMG_3293.jpg

美しい!

IMG_0387.jpg

味は過去最高といえるかも知れません
もっちもちで美味いです!
いずれ小野式の4mmで製麺したいものです
翌日はカレーうどんを
IMG_7025.jpg
IMG_5374.jpg


カレーとうどんって最高の組み合わせです
スポンサーサイト

家二郎二回目

どうもお久しぶりです!
最近忙しくて(ゲームが・・・)全然更新できませんでした。
うどんやそばもちょこちょこ作っていたんですけど時間のかかるラーメンはどうにも
そんな中一ヶ月二郎生活をするというブログを発見し毎日見ていたらどうしても食べたくなってしまったので家二郎に挑戦してみました!
思い立ったら即行動!
IMG_4561.jpg
今回の拳骨かなり肉が残っていました。

IMG_6535.jpg
豚バラ1kg
肩ロース500g
背脂500g
野菜などと一緒にぐつぐつ2時間くらい
IMG_5113.jpg
8時間ほど炊き込んでこんな感じに
脂がすごすぎて不安を覚える
IMG_5637.jpg
煮込み終わった豚さんは醤油みりん3-1のカエシに漬け込む
IMG_1839.jpg
晩酌の時間なので
一日目はここで終了
巻きバラの味見
脂身のバランスがよくてふわふわまいうーでした。もう少し漬け込んだほうが味染みておいしかったかな?
IMG_8524.jpg
そして翌日
漉したスープをさらに煮詰めてできあがり3Lくらい
いよいよ実食!
IMG_9703.jpg
それっぽい!w
盛りが微妙なのは2時間まえに昼食をとったばかりなので><
麺は極太ゴワゴワ仕様
ラーメン大みたいな感じ
IMG_1320.jpg
前日に製麺失敗してしまい当日打った麺
オーション加水率35%
全然繋がらなくてボロボロでした・・・
なんとか200gだけ作れたので全部一人で食いましたw
狙い通りのゴワゴワ仕様でうまいです
IMG_0982.jpg
豚さんは肩ロースのほうをチョイス
ツナみたい感じでホロホロしててそこそこいける
スープもたくさん余ってるので冷凍して次回作るときの呼び戻しスープにしようと思います!w
なかなか満足のいく出来で楽しかったです。
課題は製麺・・・

自作ベーコン完成

塩漬けから約五日後・・・・
ついに初ベーコン完成でございます。
成功・・・・・
かというとびみょーなとこですが
色々改善点はわかったので良しとしましょう!
はい。まずは大事な塩抜き
30分ごとに水を取り替え3時間で終了
IMG_0339.jpg

一晩冷蔵庫で乾燥させいざ燻製!
だがしかし!
ガスコンロでは温度が上がりすぎてしまい断念。。
んー甘くみてました。ガスコンロでやるならちょっと工夫が必要そうです。
とはいえここでやめるわけにはいかないので
スモークウッドでもくもく燻煙
最後は炊飯器の保湿モードで火を入れました
IMG_2022.jpg
もくもくもくと3時間
そのご炊飯器で2時間
こんな感じ
IMG_0776.jpg
あっれーこんな油すごかったっけなー
切断面
IMG_2698.jpg
7割脂・・・・
脂が膨らんでるようなそんな感じ
というか火が入りすぎてるような
余計な脂を取れる範囲で削ぎ落とし
一晩冷蔵庫に放置で次の日実食
IMG_0380.jpg
うーむ
IMG_2747.jpg
うーむ
IMG_3042.jpg
味は悪くない。悪くないけど油がすごい
この日は焼肉だったのですがベーコンの油だけで事足りましたw
次回やるなら電熱器、欲をいえばサーモスタッドも欲しいです。
あとは肝心の豚、脂身すくない部位を買わなくては!
残ってるもう一塊どうしよ

自作ベーコン 仕込み編

以前から燻製というものに興味があり今回初挑戦させていただきました。
ネットで調べたレシピを参考に調理していきます!
まずは豚バラ!
1kgあります。
スーパーの店員さんに頼んだら快くカットしてくれましたw
IMG_4062.jpg
これの前に肩ロース1kgもってこられて
ファッ?ってなりました。
各種スパイス達
IMG_8247.jpg
IMG_8408.jpg
砂糖と塩合わせて9種類あります。
スパイスちょっとしか使わないのに揃えると結構お高いです・・・
フォークで穴だらけにした豚ちゃんにすりこん仕込み完成!
完成が待ち遠しい!!
IMG_6070.jpg
IMG_7131.jpg

パスタマシンでうどんに挑戦!

そばはなんとか無事成功したので
今回はうどんを作ってみようと思います!
そばよりは簡単かしら?と思っていましたが今までで一番苦戦したかも・・・
まずは粉
IMG_7120.jpg
麺一筋
オーストラリア産の粉と日本産の粉をブレンドした粉のようです。(多分w)
そしてご対麺
IMG_8246.jpg
粉500gに対し
水230g
塩22g
+yoshiさんから頂いたジュファー液
水回し後こねた状態
IMG_6527.jpg
足踏みは踏んで薄くなったら折りたたんでまた踏むを1セットとして計6回行いました
これがなかなか大変でこの時期に半そでで汗をかく羽目に・・
とちゅう硬くて広がらなくなったら10分ほど寝かせとりあえず足ふみ終了
2時間ほど熟成
本当はもっと時間かけたほうがいいのかもしれませんが
食欲には勝てず。。
IMG_1425.jpg
熟成後つるっつるの玉ができました。
美しい!
ここからがきつかった・・・・
麺棒でパスタマシンに入る厚さに伸ばそうとしても
弾力はすごくて全然伸びず汗ダクに
粉の特徴なのか寝かせが足りなかったのかわかりませんが
もう大変でしたほんと
無理やりのばしパスタマシンの0目盛で伸ばし
3.5mm切刃でカッティング!
この瞬間が一番楽しいですよねーw
IMG_4785.jpg
6分ほど茹で水でしめてぶっかけで頂いてみます
大根おろしに青ねぎかつお節です
IMG_1212.jpg
相変わらずの盛り付け
まぜまぜして
IMG_1398.jpg
うまい!
スーパーで買ううどんよりは遥かにうまいです
苦労して作った甲斐がありました
次はつゆでも作ってみようかな?
それともパスタか!
そろそろラーメンも・・
プロフィール

トミー

Author:トミー
麺料理を作ったり食ったりします!ツイッターはこちら@tomi_01200

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
いつも参考にさせていただいてます!
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。